列ヘッダの高さ変更が可能に/縦書き表示も対応 〜Mashmatrix Sheet 18.0〜

1月26日に『Mashmatrix Sheet 18.0 』がリリースされました。18.0では、『時系列マトリックス変換(オプション』)のサービスが開始されホームページ内でもご紹介をしてまいりましたが、今回の記事では新しく追加された『実はあると便利!』な”追加機能”に関してご紹介いたします。

列ヘッダの高さの変更 / ヘッダ表示ラベルの折り返しが可能に。

今までは列ヘッダの幅は変更できていたのですが、高さの変更も可能になりました。また、ヘッダに表示するラベル文字が長い時に、複数行に折り返すように設定できるようになりました。

設定前

上画像のように、列ヘッダの幅が狭いと、項目名が途切れてしまい見えにくくなってしまいます。また、『都道府県名(請求先)』と『都道府県名(納入先)』のように似ている項目名がある場合、途中で見えないと間違いも起こりやすく不便です…。


設定後

列ヘッダの高さを変更/ヘッダ表示ラベルの折り返しを可能 にしたので、項目も最後まで表示されてとても見やすくなりました!シート全体も把握しやすいですね。

列ヘッダ表示ラベルの縦書きに対応

今回のリリースでは、列ヘッダラベルの縦書き表示も可能になりました。

例えば、列の幅を狭くすると下画像(青枠)のように項目名が見えなくなってしまいます。しかし、他の項目も一覧で見たいからチェック項目の幅は狭くしたい…!こんな場合には、列ヘッダラベルの”縦書き”がオススメです。

設定前

項目名が分かりにくいです!なんとなく雰囲気で理解しようと頑張りますが…不便ですね。


設定後 

列ヘッダの高さを変更/縦書きに表示にしました。項目名がグッと見やすくなりましたね!チェック項目が複数ある場合は、とても便利だと思います。


設定方法

列ヘッダの高さ変更

シートの列ヘッダの高さを境界ラインをドラッグすると、変更できます。

(※境界ラインをダブルクリックすると最初の高さに戻ります。)

ヘッダ表示ラベルの折返し

列ヘッダメニュー > 「設定」 > 「ラベルの折返しを許可」にチェックします。

(※ラベル名に”<br>”と文字を入れることで強制的に改行可能です)

ヘッダの文字列縦書き

列ヘッダメニュー > 「設定」 > 「ラベルを縦書きで表示する」にチェックします。

今回のバージョンアップで、よりExcelライクな機能が増えさらに使いやすくなりました。設定方法はとても簡単です。ぜひお試しいただき、日々の業務効率化にご活用いただければと思います!

Mashmatrix Sheetを実際に触ってみる

まずは、30日間無料トライアルから始めませんか?